古銭の錬金術師
古銭としての価値が高い古紙幣とは
希少度の非常に高い古銭はプロによる鑑定がお勧め
つり銭機に入らない古銭は、買取へ
古銭を専門店で買い取ってもらった
銀貨や銅貨が家に眠っているなら古銭買取を利用しよう
代々から使わる古銭を高く買い取ってもらうコツ
古銭買取を成功させるためにすべきこと
金貨を高く買取してもらうには専門店
出てきた古銭が思わぬ収入になる
判断が難しいことがある古銭の対応
銀貨や銅貨が家に眠っているなら古銭買取を利用しよう
家の中に見たこともない銀貨や銅貨が眠っているということがあるかもしれません。もちろん一口に銀貨や銅貨と言っても、実に色々な種類があり価値も様々です。しかし中には驚くような買値が付くこともあるため、信頼できる古銭買取業者に一度鑑定を依頼してみるのもよいでしょう。例えば、明治時代以降に発行された銀貨の中には新一円銀貨や二十銭銀貨幣などがありますが、中でも旧一円銀貨の価値は非常に高く、古銭買取業者から驚くような買値を付けられることがあります。また、やはり明治時代以降に発行された銅貨にも、一銭銅貨や二銭銅貨、半銭銅貨などがあり、これらの中には買取市場において高額で売買されるものがあります。その一つが明治十三年に発行された一厘銅貨と呼ばれるもので、発行枚数が八百枚と非常に少ないため希少価値が高い古銭となっています。これらの古銭は、保存状態が良好でなおかつ未使用のものであれば、かなりの高値が付く可能性があります。